医学部の予備校で学んで事が今に活きています。

受験の時にその壁を知った

受験の時にその壁を知った更に厳しい事も努力をして越えていく必要がある事が分かった念願の医学部に入り、医師になる事もできた

今の自分は医師としてある程度のことが出来るようになったのですが、その基礎的なところの考え方は医学部の予備校で学んで時に育まれたといって良いかもしれません。
自分の場合は常にやれば出来るという事を考えるようになっていて、逆にやらなければ出来ないという様に理解もしています。
この考え方が出来るようになったのが、この医学部の予備校時代という事になりそうです。
というのは、それまでは自分はある意味では特に頑張ることなく出来るという事を考えていて、人生はなるようになるという程度の安易な考え方をしていました。
田舎育ちという事もあって、その中では胃の中の蛙的な存在でチヤホヤされるところがあったという事があります。
ですから、医学部に行くような事も考えだしたわけで、受験の時にその壁を知ったというようなことがありました。
ですが、この壁は全くその存在が見えることは無かったので、どの程度のモノなのかは予備校に行くまで分からなかったのですが、此処に行くと、ハッキリとその全貌が見えてくるという事が分かったのです。
これほどに大きなものだったのかという事が理解出来た事で、自分は選択を迫られることになったという事もありました。
すなわちやるか諦めるのかという選択という事になります。
勿論、予備校にいっているわけですからやるという選択をするしかない事は理解していましたが、覚悟という意味では出来ていないという事があり、その覚悟が出来たのが、この予備校時代だったという事です。
そして、医学部だけではなくその先もそれ以上に厳しいものとなる事も考えられる事も理解できるようになりました。